コンセプト

あなたの”エフィカシー”が経営を決める! 人生がリッチに変わる!

[コーチング]
コーチングとはゴールを設定し、ゴールに対する”エフィカシー(ゴールを達成する”魅力ある自分”の能力の自己評価)”を上げることです。エフィカシーは”マインド(心と脳)”の持つ”セルフイメージ(自我)”によって決められます。

私たちのパフォーマンスの境界を決める”コンフォートゾーン”もセルフイメージが反映されたものです。セルフイメージのレベルを上げることで、私たちのマインドは新しい未来の可能性に向かい潜在能力を引きします。逆に、セルフイメージのレベルが下がれば、ビジネスや運動におけるパフォーマンスが低下し、さらには幸福感が希薄になるなど、心身にネガティブな影響が現れます。

科学的な方法で、セルフイメージを高め、エフィカシーを上げて、ゴールに向かいコンフォートゾーンをずらしていくことは、未来に向かい幸せと成功を実現したいと願う私たちのライフワークであると言えるでしょう。

[Cognitive Makeup]
”コグニティブ メイク(アップ)”は”コーチング x メイクアップ”の相乗効果により、ゴール側のエフィカシー(あなたの魅力をご自身で自己評価)を強化する為の方法論(私の造語)です。マインドにある自分自身の基準をゴール側へ引き上げる”コーチング(の作業)”と、心地よい情動を伴い、映像を作るのが得意な”メイクアップ”の親和性を利用しています。

”メイクアップ”は一般的には”お化粧/整容”の意味で使われていますが、 もともとは”Make you up(貴方を前向きな気持ちにする)”が語源です。英語の ”Make up mind(決心する)”の表現にも見られるように、マインドの形成に深く関わっています。”I x V = R”の公式に従い、”メイクアップ”を”アファメーション”や”ビジュアライゼーション”、”セルフトークのコントロール”などと組み合わせることで、ゴールへのリアリティ(臨場感)を強化するのです。

”コグニティブ メイク”が働きかける対象は、可能性の源である私たちのマインドです。コーチングの研究機関によると、世界で成功している企業の従業員はエフィカシーが高く、利益率で756%の差があるという結果が出ています。そして、2,500名の美容家を通じて圧倒的な成果を打ち出してきた「Yoshida式メイクアップ術」によってエフィカシーを強固にし、誰でも継続的に効果を発揮することが可能になります。

”コグニティブ メイク”は、物理的なメイク(お化粧)に慣れない男性や、お化粧をする習慣がない女性でも普段の生活の整容動作(洗顔やマッサージ、アロマなど)の中でやさしく効果的に使うことができるようにしています。もちろん、メイクやおしゃれをするのが好きな方にはより楽しみながら”コーチング x メイク”を積極的にゴールの実現に役立てていただける方法です(より具体的な説明や方法はセミナーやブログの中でご紹介していきます)。

個人であれ、個人の集まりである組織であれ、セルフイメージとエフィカシーを上げ、マインドが高いパフォーマンスが発揮できるコンフォートゾーンにすることが、ゴールの実現に向かう私たちの持つ能力を引き出す最良の方法であることに変わりはありません。経営者、起業家、ビジネスパーソンだけでなく、スポーツ選手、アーティストなど、自らを劇的に変革し、周囲の人たちの共感を得て、世界に通じるリーダーとして、よりよい社会を実現したいとお願う方々へお届けできるものと思っています。


セッションメニュー